ダイヤモンドを選ぶ時は何を優先するか

宝石店でダイヤモンドを見ていると、どれもきれいに輝いていますよね、そんな中、見た目は小さな石なのに、隣の大きな石のダイヤモンドよりもかなり高額だというものを見たことはありませんか。

なぜこんなに値段が違うのか、それはダイヤモンドの4Cが関係しているのです。

《カットやカラットを優先》

ダイヤモンドの用途によって違いますが、基本的にはカットやカラットを優先して選ぶことが多いようです。

婚約指輪ならハートシェイプカットで良質のものが良いとか、普段使いなので、カラット重視で良いといった感じで選ぶことが多いですね。

《質を重視かそれとも量か》

初めてダイヤモンドを選ぶという場合、質か量かを迷うようです。

質というのは4Cの内のカラーとクラリティ、カットで量がカラットになります。

0.3カラットでも良質のものにするか、0.5カラットで少し質が落ちるものにするかを迷う人が多いようです。

4Cすべてが優良な評価であれば、カラットが小さくてもかなり高額になりますからね、迷うところでしょう。

《個人の好みで決めてOK》

一応、ダイヤモンドを選ぶ時の優先順位というものはありますが、強制的なものではありません。

個人の好み、感じたもので決めれば良いのです。

小さくて良質のものが良いというならそれで良いですし、少しでも大きいダイヤモンドの方が良い、質は少々落ちても良いというならそれでもまちがいではありません。

信頼できる宝石店で販売されているものは、ある程度の品質を保っていますので、粗悪品を販売されることはありません。

たいてい鑑定書が付いていますので安心です。

カテゴリー: ダイヤモンドの4Cすべてが重要? パーマリンク