カラーとクラリティの優先度が知りたい

ダイヤモンドの優劣は4Cでわかると言われています。

4Cの中で、カットとカラットは比較的重視されているのですが、あとの二つであるカラーとクラリティはあまり見ていないという人も多いようです。

カットとクラリティはどのように考えれば良いのでしょう。

《ダイヤモンドの意味によって違う》

ダイヤモンドの4Cの中で、カラーとクラリティまでこだわる人はあまりいないようです。

しかし、ダイヤモンドがどのような意味を持つものかによって考え方を変えなければいけないようです。

それが、婚約指輪であるか普段に使うダイヤのアクセサリーであるかです。

婚約指輪として選ぶのであれば、やはり4Cすべての項目が優れたものが良いでしょう。

普段使いのものであれば、カラーとクラリティは私たちが肉眼で見ても区別できるものではありませんので、あまりこだわらなくても良いということです。

《普段用ならカラット重視でOK》

普段用のダイヤモンドなら、だいたい0.5カラット以下のものが多いですよね。

それだとほとんどカラーやクラリティを気にすることはありません。

0.5カラット以下であれば、クラリティはほぼわからないからです。

お手頃価格で手に入れることができますし、気軽に普段使いができます。

《婚約指輪なら4Cにこだわる》

婚約指輪となると、一生に一度の大切なものですから、やはり4Cすべてにこだわりたいものです。

4Cすべてが優れたものだと、小さな石でもかなり高価になります。

しかし、特別な時に身につけるものなので、良いものを選んでおくと良いでしょう。

関連記事:プロポーズ前にチェック! 「ダイヤの4C」って知ってる?

カテゴリー: カラーとクラリティについて パーマリンク