ダイヤモンドの4Cって何をあらわしているの?

婚約指輪などでダイヤモンドを購入する時、皆さんは何を決め手にしますか?

ダイヤモンドは4Cが重要と言われたことは、もしくは目にしたことはないでしょうか。

実はダイヤモンドのは、4Cというポイントで価値が決まります。

同じダイヤに見えても、4Cがかなり違うということもあるようです。

では、ダイヤモンドの4Cについて知っておきましょう。

《ダイヤモンドの4Cって何?》

上述したように4Cはダイヤモンドの価値を決めるためのものです。

ダイヤモンド以外の宝石には4Cというのはありませんね。

4Cというのは、カラット(Carat)、カラー(Color)、クラリティ(Clarity)、カット(Cut)の4つです。

カラットは重さ、カラーは色、クラリティは透明度、カットは輝きをあらわします。

《4Cのそれぞれを詳しく》

カラットは、石の大きさではなく、重さをあらわします。

1カラットは0.2gですから、数字が大きくなれば重くなるということです。

カラットについては、ダイヤモンド以外の石でも使われています。

カラーはダイヤの色です。

無色透明から薄い黄色までランク付けされています。

クラリティは透明度をあらわします。

カットはダイヤの輝きのことです。

《ダイヤモンドの価値は4Cで決まる》

良いダイヤモンド、あまり良くないダイヤモンドというのは、4Cで決まると言われています。

4Cにはそれぞれランクがあり、それによって評価されるのです。

見た目はきれいに輝いて見えても、石そのものに傷があるとか、濁りがあるものはあまり良いものとは言えません。

私たちが見た目ではなかなかわからないので、鑑定書によって詳しく評価されています。